GT Fishers Maldives

こちらのブログでは、GTフィッシャーズモルディブチームからの最新情報発信の場とさせて頂きます。 最新のポイント開拓や、タックル、テクノロジー、テクニックなどGTフィッシングに関するあらゆる分野での情報シェアを想定します。 メールやフェースブック上での投稿にて皆様とのコミュニケーションの場にもしたいと思っていますので、宜しくお願いいたします。

GT Fishers Maldivesでは新規釣り場の開拓を自らの釣行で年に数回行っています。 今年は新規にマーレから左下(南南西位?)に2-3時間ボートで移動してファーフ環礁のゲストハウスに移動をし、そこをベースにファーフ、その南のダール、そして北側の南アリ環礁を一週間掛けて回りました。

一週間釣りをした感触とすると、あまり釣り荒れて居ない大小型も数もコンスタントに出る良い漁場だという印象でした。 この経験を受け、今年の9月からイタリア、タイのグループがファーフに入り始め、ハズレは一切ない素晴らしい釣果とお客様の評価をいただきました。 アウターリーフとインナーリーフ共に様々なポイントが入り乱れて短時間短距離の移動のランガンで攻めの釣りが楽しめます。

ゲストハウスはかなり広くきれいな新しい建物がスウェーデンで長く暮らした珍しくインテリなマネージャが欧州スタイルの規律をサービスに織り込んで対応してくれ、近隣のレストランでは釣った魚を持ち込んで料理を一人5㌦でしてくれる、流石に一週間のグルーパーとレッドスナッパーはチョット飽きが来ましたが、特に同じ料理方法なので。。。

マーレからの距離としては北部のラヴィヤニ(Lhaviyani)環礁とほとんど同じ距離なので、我々のスピードボートでの移動が一番現実的かと思います。 近隣に数少ないもののリゾートもあり、そこからは水上飛行機(エアタクシー)が出ていますが、これはスケジュールが毎日ダイナミックにスケジュールを需要に合わせて行い、ほぼ確実に数時間単位で遅れるので、待たされる間にボートで移動したら着いてしまうと考えると、余程のことが無い限り高いお金を払って乗る気にはなりません。 ただ、南アリ環礁最南端部にプライベートの国内線Fly Meが飛ぶエアポートがあるので、一端ここに移動してからボートでゲストハウスに移動という手もあります。 リゾート派には南アリ、ファーフ、ダール環礁にリゾートがあるので、そこをベースにすることが出来ます。確かこの辺はジンベイザメがダイビングで見れることで有名なところなので、ダイバー兼アングラーの人にはそんな楽しみ方もあるかもしれません。

イタリアのグループの10月の釣行の写真を幾つかシェアさせて頂きます。


map1
001
001a
002
003
1939747_924976880864943_1260930702859144776_o
10620013_944933025535995_1117782546756851947_o
1398266_945425712153393_4325989864731529130_o
10634119_945996002096364_8123767902051532809_o
10680056_948876188475012_3259241149182865849_o
10710295_944396412256323_3403139186517835871_o
10714356_944890098873621_1043974280389835813_o
10750215_945446978817933_7886256908362689653_o
10806475_945435825485715_5185016436961420536_n

ガーフダール環礁とガーフアリフ環礁は赤道に近いモルディブ最南部の一端にあります。ホームページにも『秘境』『サンクチュアリ』と書いたように、なかなか釣り船が入れない距離が首都マーレからあることからも釣り荒れの少ないところで、片道1-2日1000キロ近い移動が必要なため、私達も年に一度だけ行くようにしています。今年は8月に1ヶ月チョット滞在して数組のグループの釣行を行いました。

http://www.gtfishers.com/jp/user_data/gaafu_jp.php

最初はプライベートグループでオーストリアのお金持ちが個人一人で家族と最高級リゾート滞在しつつ10日間のチャーターを行い、やはり今回もナポレオンフィッシュが登場しました。その後、我々GT Fishers Maldivesチーム、タイチーム、中国チームと9月第一週まで続いてかなりの成果を上げることが出来ました。

最後の最後に中国チームとの釣行ではお客さんの休憩中にキャプテンモハメッドが我々のサービス開始以来の最大GT(推定60キロ超)を釣り上げています。 毎度、ガーフダールにはロマンとドラマが待っています。来年はチョット早めの4月~5月に行きます。今回はデンマーク/スカンディナビアチームもカメラマン付きの参戦で、さあどうなるか?! タイ、中国組も参戦表明。 イタリアチームも計画しています。 来年はどんなドラマが待っているやら?!

image (2)
image-1 (2)
10593111_625022184261890_7796138090208867472_n
P1070177 - コピー
0004
0006
0009
0000
10366089_1016664075014677_5318226144348038496_n
10580695_1016679335013151_3003918952209640983_o
z4

年始から始めたフライフィッシングツアーが成功して、最近はフライフィッシングでのお問い合わせも世界中から頂けるようになりました。 勿論、南北マレ環礁でも可能なのですが、ボーンも狙えるラヴィヤニ環礁がやはり一番の人気です。移動もスピードボートで2-3時間で行けて、我々のホームステイのアレンジもローカルライフと文化を触れながらの人気コースとなりました。

その先駆者的な役割を担ったのがデンマークのエージェントであるGetAway Toursで、ツアーリーダーを含む6人が乗合シェアでツアーを組み、3人+3人でショアのフライフィッシングとボートでのルアーフィッシング組と分かれて行うのが一つのパターンとして確立してきました。 ボーンフィッシュは天候によって深場に潜ってしまったりもしますが、良い天候になるとサイトフィッシングがクリスマス島やセイシェルの様に可能と成ります。モルディブの純白なホワイトサンドビーチでのウェイディングしながらのフィッシングは気分も最高です。

今回の第二グループは60㌔超のイソマグロのボーナスまで有りました❢❢

ということで、英語な得意な方はリンク先のGetAway Toursのレポートを読んで下さい。勿論デンマーク語の大丈夫な方はそちらでもどうぞ❢

http://www.getawaytours.eu/2014/05/28/our-fly-anglers-were-dragged-all-over-the-boat/

Our fly anglers were dragged all over the boat!


2014-05-28: Last winter we had two groups exploring the fly fishing possibilities in the Maldives,  fishing from shore as well as from the boat. Only on the second trip did we find the bonefish,  our target species,  and overall results were pretty thin with the fly rods. In short,  two test trips that shows exactly why it is called “test trips”.


The limited success with the fly rods didn’t result in a bad fishing trips. The fly anglers just had to put down their long rods and pick up the heavy spinning tackle instead and throw some big poppers. Then they got some real action! We heard plenty of stories about the poor fy fishers being dragged up and down the boat, getting bruises in strange places (fly anglers don’t know what a fighting belt is),  aching arms and smashed lines.


Catches included lots of groupers,  snappers and GTs – up to more than 40 kilos! – and not least a huge dogtooth tuna,  jumping out of the water as it went for the popper and finally fighting itself to death. As a consequence,  it ended up as on the dinner table several nights in a row.


The feedback from those trips was “had we just had the range of a lure angler when shore fishing, being able to reach the other side of the surf, it would have been a completely different story”. This – and the fact that our German employee Robert has already shore fished for GTs in the Maldives with success – inspired us to do the “Maldives-Special” program.


The pictures below are from the fly angler’s second test trip.


Maldiverne_mar2014pl_028
P10502131
FC3B09371
Maldiverne_mar2014pl_0381
Maldiverne_mar2014pl_0031


このページのトップヘ