GT Fishers Maldives

こちらのブログでは、GTフィッシャーズモルディブチームからの最新情報発信の場とさせて頂きます。 最新のポイント開拓や、タックル、テクノロジー、テクニックなどGTフィッシングに関するあらゆる分野での情報シェアを想定します。 メールやフェースブック上での投稿にて皆様とのコミュニケーションの場にもしたいと思っていますので、宜しくお願いいたします。

2014年12月

GT Fishers Maldivesのサービスを展開し始めてそろそろ3年で、最初は日本のお客様を中心に考えていたのですが、どんどん海外のお客様の比率が高くなってきています。 包括契約しているエージェントも北欧(デンマークをベースにスウェーデン、ノルウェー、ドイツ、ポーランド、イギリス、フランス)、イタリア、タイ、中国、そして日本。 実際にエージェントとしてトライアルで来たのがフィンランド、チェコ共和国、ポーランド、オーストラリア、シンガポール。オランダとベルギー、スイスなどのエージェントともお話を始めています。 ダイレクトのお客様とするとロシア、アメリカ、台湾、マレーシア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、サウディアラビア、カタール、インド、まあ様々な国籍の方々がこの日本初のGTポッピングの為にモルディブに来て頂いていて、特に冬のハイシーズンは欧州軍団が一週間ごとの釣行で、殆ど休みなしのフルブッキングでせっかくお問い合わせ頂いても空いていないなんてことが多くなってきたと日本の代理店からは聞いていて、申し訳ない限りです。ボートを増やすなんてことも考えましたが、釣り場を荒らしたくないのと、この商売ハードではなく、やはりソフトなんです。ウチはキャプテンのモハメッド有りきで、先月も数日エンジントラブル(ヤマハの製造工程の問題❢)で、代替のボートとキャプテンを用意せざる得なかったのですが、もうその日の夜にクレームの電話がモルディブ⇒デンマーク⇒日本に電話が掛かってきて、キャプテンが変わった途端釣れなくなった、それが3日続いて本当に申し訳ない限りでした。ヤマハ、そんな問題あったら自動車の世界であれば間違いなく新聞一面でリコールになっていたので、結構平気で放置で…参りました。少し修理にまけてくれたようですが、こちらは商売のダウンタイムは特にお客様が地球の反対側から来て頂いて、ホントは訴訟したいくらいですが、そんな暇もないので、しょうがないですね。

さて、デンマークのGetAway ToursはThomasという若社長が行っている代理店ですが、とても切れ者で人間的に出来た人なので、個人的のも友人で絶対的な信頼を置く一人になっています。彼も年に数回1週間ツアーを行ってくれていて、特に北欧のアングラーを送ってきてくれますが、とても綺麗で品質の高いコンテンツ豊富なホームページの先生みたいな作りになっています。ここで、今回後半ご迷惑を掛けた釣行の釣行記がアップされたのでシェアさせて頂きます。 英語ですが、まあ英語の勉強のつもりでがんばってください❢ めんどくさいなら写真だけで❢❢

http://www.getawaytours.eu/2014/12/02/youngstar-co-hittin-the-maldives-2/

“Youngstar” & co. hittin’ the Maldives


2014-12-02: From our good friend Frederik “Youngstar” Hansen we just received this report from his recent trip with us to the Maldives:

We had booked the trip to Maldives one year before, so expectations were high! Four Danish guys with the hopes of catching plenty of GT’s, also a couple of big ones and then a lot of light tackle fun on our PE 4-5 gear. We also brought our jigging gear despite reports suggesting that Maldives is more of a popping than a jigging destination.

Together with Jacob Rønnow, Nikolaj Bielecki and my father I escaped the cold Danish weather and travelled through Dubai and on to Male on the 14th of November. Upon arrival we were greeted by Mohamed, the captain of Magic Life. After another three hours in the speedboat we reached Lhaviyani. The accommodation was simple but clean and the island was…let’s just say “very local :-) Actually, we didn’t see any other tourists before we were back at the airport!

Our trip was right in the short local monsoon-period (which we didn’t know when we booked the tickets;-)) so we had 3½ days with sunshine and 3½ days with heavy rain, so we had the chance to see Maldives at its best, and at its worst. None of us had experienced rain this before, literally sea and sky were one and the visibility turning into almost zero. Amazing.

Overall we caught 57 GTs, with two big ones amongst them – 118 cm (weighed at between 29-31 kg) on a Salter Samson Scale Weight) and another even bigger one at 125 cm. Both of them hit a Heru Skipjack.

Almost all of the GTs were in the class of 60-90 cm, so there is no need to bring in the ultra heavy gear. PE 5-6 is suitable, but never the less we got reefed a couple of times – typically on lighter PE3-4 gear, when a +100 cm fish took the lure and went straight for the reef.

To give an example, I caught 22 GTs on the trip (6½ days of fishing), with the biggest measuring 89 cm, and lost a couple of fish in the range of 100 cm, but didn’t have contact with something bigger than this. And it wasn’t because I was fishing smaller lures. 90% of the time, I was fishing Skipjack 90/120 g or Gamma 160H with PE5-6 gear.

However, we had some world class fishing, with a lot of different fish: Red Snapper, Green Jobfish, Sweet lip, Bluefin Trevally, Garfish and Groupers. We even had a big shark and a wahoo chasing our stickbaits – and lots of action, so we were extremely pleased with the trip! The jigging was pretty slow, but on the way back to Male we found some great action with three smaller dogtooth tunas (6-8 kg), some almacos/amberjacks in the same range and various species of groupers.

/Frederik HansensnapperIMG_9843IMG_9815IMG_9715IMG_9689IMG_9676IMG_9662IMG_9625IMG_9616IMG_9577IMG_9360IMG_9339IMG_9288IMG_9286IMG_9179IMG_9150IMG_9147IMG_9090

 

この11月にSANSUI(横浜⇒池袋)の畑野さんが3度目のモルディブ釣行にSANSUIのお客様と来て頂けました。ビギナーからベテランまでのハイブリッドチーム。 今回の釣行、GT Fishersの写真は未だフェースブックにもアプ出来ていませんが、リンクも含めてこのままお客様直接のお言葉をこのブログにて使わせて頂きます。我々供給側のブログ内容な1.我々サイドの供給側の論理にしたがってコンテンツを決めて書いています、2.コアサービス内容が釣りのために釣行と釣った魚に中身が偏っているといくつかのお客様の釣果報告やブログをみていて気が付かざる得ないと思いました。自身、数年前からモルディブに通い始めましたが、回数を重ねまた事業をしている立場ですと、ちょっと当初のフレッシュさが欠けてきたかなと… そんな中、お客様の言葉と視点を表す写真とその流れ、とても新たにモルディブにもしかしたら行くかもしれないと調査中のお客様、二度目三度目だけど前回とは違う趣向で行こうかななんてお考えの方にも参考になるかと思います。

ということで、畑野さんリンクと中身のコピペさせていただきますね❢


後日追記:ごめんなさい、写真がコピーできていませんね。やはりSansuiさんのURLに飛んで見てください。


http://sansui1902ib.blog.fc2.com/blog-entry-1560.html 

11/10~15の日程でこの秋2回目のモルディブに行ってきました!
何回来ても、この国は素晴らしいです!






サイズに関しては満足度30%でしたが
皆さん初のモルディブを楽しんでいました!

海!キレイだったな〰


良かったら続きを!




今回で何回目でしょうか……………?
もう分からない(笑)

11/10~15の日程で
モルディブまで行ってきました!

つい最近、来た気がしますが……



いつ来ても海がキレイです!

釣りもですが今回は基本毎日
シュノーケリング!(笑)

リーフエッジでプカプカしながら
海の中を覗き見!
ま〰色んな魚が居るもんです!

カスミアジの群れも見ちゃいました!
少なくみても100匹以上集まった
群れでしたよ〰!


そんな事、夢中になってやってたもんだから
珊瑚で足を切ってしまい擦り傷だらけ。
帰って来て日数たちますが、まだ傷口が痒い(泣)





そんな俺の足の事はどうでも良いのですが………





今回は初参加の方ばかり!

皆さんモルディブの海を
満喫されてました!


GTの釣果は全員で30本位でしょうか!




今回最初の1本!





その後すぐに、マコッチャンにも!

沖縄コンビ頑張ってました!




またすぐ………朝田さんも!
これ、初GTでしたね!
おめでとうございます!





またすぐ………



またすぐ………





って、こんな感じでポロポロと釣れていきます!
これ以外にもチェイス多数!
そして、バラシも多数!(泣)

全部、獲ってたら倍は獲れてたな!



他には、こんな魚達が………



ハタ




イソンボ



アカマス



色違い………アカマス!



そして、また………
ハタ



って、魚種も豊富!

GT以外だと今回は

イソンボ、ハタ、カスミアジ、アカマス、アオチビキ、バラクーダ………
などが釣れていました!
(バラクーダは臭いのでNo-Photo(泣))


他には………









って、感じ‼



今回も9月と同様で
首都のマーレに滞在し
釣りに行くといったスタイル!

ホテルから港までの移動は……





軽トラの荷台です!
片道、約¥300!

高いのか安いのか正直分からない(笑)





夕飯は、基本毎日ローカルフード!

現地人以外は店の中で
見た事が無いので
かなり奇妙な感じでした!

でも毎日だから店のstaffとも
いつの間にか顔馴染みに(笑)




beer好きな私は
毎晩でもbeerが飲みたい人!


でもモルディブは
基本お酒が飲めない国!

飲める場所は限られていて
リゾートの島かサファリボートくらい!
まあ、大富豪のお方のビッグボートは
勿論、例外ですが。


そう言えば、
何年か前にサッカーのプレミアリーグ
チェルシーのオーナーのボートに
招待された事がありました。

余りにも………なので、
勿論、丁重にお断りしましたが………

やっぱり行けば良かったかなと
今では後悔しています………………(笑)




リゾートでもなく
サファリでもない……

ですが…………




実はもう1つだけ
お酒が飲める所があるんです!


何年か前に、ボートが
ダブルブッキングで迎えに
来なかったとき800ドル払って泊まった
空港にある、フルレホテル!

ここには、バーがある。

なので、水上タクシー使って
毎晩行きました(笑)




そうそう!
人の彼女が
出来ました(笑)













勿論、ですが!(笑)










他にも………





キレイですよね〰(笑)



他に………





イルカかと思いましたが、
ちっちゃいクジラみたいです。

頭だけ、ニョキって感じに出して
どっか見てる様子(笑)
凄く可愛い……(笑)





船長のモハ!
10年もの付き合いなので
俺の事を"ハタボ〰"って呼んでくる。
一回り位、年離れてるのにね〰!














他にも有りますが
この位で…………!



今回のタックル!

ロッド
リップルフィッシャー
ウルティモ83M(プロト)
リバーサル(プロト)etc

リール
シマノ
ステラSW14000XG・18000H

ライン
モーリス
Smp#8.#6
よつあみ
フルドラグ#8.6

ルアー
キクチ工房
DP230.260GT
貝田ルアー
ヒートゥー140.160
グランツ・泡盛etc




ツーショット!
初めて一緒に撮ったな〰!



今回も楽しかったです!
皆さんまた来ましょうね!




今年の遠征は一応これで最後です!
来年も出来る限り
色んな所に行きたいと思っています。

こんな釣りに興味がある方は
是非、声かけて下さい!


ハタノでした!

GT Fishers Maldivesでは新規釣り場の開拓を自らの釣行で年に数回行っています。 今年は新規にマーレから左下(南南西位?)に2-3時間ボートで移動してファーフ環礁のゲストハウスに移動をし、そこをベースにファーフ、その南のダール、そして北側の南アリ環礁を一週間掛けて回りました。

一週間釣りをした感触とすると、あまり釣り荒れて居ない大小型も数もコンスタントに出る良い漁場だという印象でした。 この経験を受け、今年の9月からイタリア、タイのグループがファーフに入り始め、ハズレは一切ない素晴らしい釣果とお客様の評価をいただきました。 アウターリーフとインナーリーフ共に様々なポイントが入り乱れて短時間短距離の移動のランガンで攻めの釣りが楽しめます。

ゲストハウスはかなり広くきれいな新しい建物がスウェーデンで長く暮らした珍しくインテリなマネージャが欧州スタイルの規律をサービスに織り込んで対応してくれ、近隣のレストランでは釣った魚を持ち込んで料理を一人5㌦でしてくれる、流石に一週間のグルーパーとレッドスナッパーはチョット飽きが来ましたが、特に同じ料理方法なので。。。

マーレからの距離としては北部のラヴィヤニ(Lhaviyani)環礁とほとんど同じ距離なので、我々のスピードボートでの移動が一番現実的かと思います。 近隣に数少ないもののリゾートもあり、そこからは水上飛行機(エアタクシー)が出ていますが、これはスケジュールが毎日ダイナミックにスケジュールを需要に合わせて行い、ほぼ確実に数時間単位で遅れるので、待たされる間にボートで移動したら着いてしまうと考えると、余程のことが無い限り高いお金を払って乗る気にはなりません。 ただ、南アリ環礁最南端部にプライベートの国内線Fly Meが飛ぶエアポートがあるので、一端ここに移動してからボートでゲストハウスに移動という手もあります。 リゾート派には南アリ、ファーフ、ダール環礁にリゾートがあるので、そこをベースにすることが出来ます。確かこの辺はジンベイザメがダイビングで見れることで有名なところなので、ダイバー兼アングラーの人にはそんな楽しみ方もあるかもしれません。

イタリアのグループの10月の釣行の写真を幾つかシェアさせて頂きます。


map1
001
001a
002
003
1939747_924976880864943_1260930702859144776_o
10620013_944933025535995_1117782546756851947_o
1398266_945425712153393_4325989864731529130_o
10634119_945996002096364_8123767902051532809_o
10680056_948876188475012_3259241149182865849_o
10710295_944396412256323_3403139186517835871_o
10714356_944890098873621_1043974280389835813_o
10750215_945446978817933_7886256908362689653_o
10806475_945435825485715_5185016436961420536_n

ガーフダール環礁とガーフアリフ環礁は赤道に近いモルディブ最南部の一端にあります。ホームページにも『秘境』『サンクチュアリ』と書いたように、なかなか釣り船が入れない距離が首都マーレからあることからも釣り荒れの少ないところで、片道1-2日1000キロ近い移動が必要なため、私達も年に一度だけ行くようにしています。今年は8月に1ヶ月チョット滞在して数組のグループの釣行を行いました。

http://www.gtfishers.com/jp/user_data/gaafu_jp.php

最初はプライベートグループでオーストリアのお金持ちが個人一人で家族と最高級リゾート滞在しつつ10日間のチャーターを行い、やはり今回もナポレオンフィッシュが登場しました。その後、我々GT Fishers Maldivesチーム、タイチーム、中国チームと9月第一週まで続いてかなりの成果を上げることが出来ました。

最後の最後に中国チームとの釣行ではお客さんの休憩中にキャプテンモハメッドが我々のサービス開始以来の最大GT(推定60キロ超)を釣り上げています。 毎度、ガーフダールにはロマンとドラマが待っています。来年はチョット早めの4月~5月に行きます。今回はデンマーク/スカンディナビアチームもカメラマン付きの参戦で、さあどうなるか?! タイ、中国組も参戦表明。 イタリアチームも計画しています。 来年はどんなドラマが待っているやら?!

image (2)
image-1 (2)
10593111_625022184261890_7796138090208867472_n
P1070177 - コピー
0004
0006
0009
0000
10366089_1016664075014677_5318226144348038496_n
10580695_1016679335013151_3003918952209640983_o
z4

このページのトップヘ