GT Fishers Maldives

こちらのブログでは、GTフィッシャーズモルディブチームからの最新情報発信の場とさせて頂きます。 最新のポイント開拓や、タックル、テクノロジー、テクニックなどGTフィッシングに関するあらゆる分野での情報シェアを想定します。 メールやフェースブック上での投稿にて皆様とのコミュニケーションの場にもしたいと思っていますので、宜しくお願いいたします。

カテゴリ : ラヴィヤニ環礁

明けましておめでとうございます❢

この年末年始は目出鯛事続きで、3週連続で50㌔オーバーがラヴィヤニ、北マーレ、ハーアリフ環礁で連続して出てくれました。 今回は最初に2014年12月21日から3日間のクリスマスチャーターでの北欧スウェーデンのお客様、なんと2014年1月に初GTフィッシング@モルディブから三度目の今回の釣行で50㌔オーバーを上げてしまいました。実は、その翌週初GTで1日ポッキリチャーターで近場北マーレ環礁でイキナリ50㌔を釣ってしまったお客様もいますが、それはまた後日。

ご存知の方も居るかもしれませんが、当ブログ日本語版と英語版両方存在します。中身は必ずしも一緒ではなく7割位が共通で、その日の気分で英語か日本語どちらかでオリジナルを書いて、価値アリと判断するともう一つの言葉で意訳的に綴るようにしています。 今回のブログは敢えて皆さんの英語の勉強を兼ねて?オリジナルの北欧のお客様の英語でのレポートをそのままコピーさせて頂きます。 許可は勿論頂いています。 というのも、中身が非常に品質高く、そのままの言葉をお伝えしたいと。 本人も母国語はスウェーデン語ですが、外国語の英語で一生懸命書いて世界に情報発信してくれているので、私達も一生懸命彼の文才満ちたストーリーを読ませて頂きましょう❢

http://360tuna.com/index.php?%2Ftopic%2F42840-maldives-fishing-report-december-2014%2F

Maldives Fishing Report December 2014

10897812_10205867690438366_9124574513657364950_n10347771_10205867691038381_4477894064154048620_n10376903_10205867690718373_3062548073008959205_n0001

GT Fishers Maldivesのサービスを展開し始めてそろそろ3年で、最初は日本のお客様を中心に考えていたのですが、どんどん海外のお客様の比率が高くなってきています。 包括契約しているエージェントも北欧(デンマークをベースにスウェーデン、ノルウェー、ドイツ、ポーランド、イギリス、フランス)、イタリア、タイ、中国、そして日本。 実際にエージェントとしてトライアルで来たのがフィンランド、チェコ共和国、ポーランド、オーストラリア、シンガポール。オランダとベルギー、スイスなどのエージェントともお話を始めています。 ダイレクトのお客様とするとロシア、アメリカ、台湾、マレーシア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、サウディアラビア、カタール、インド、まあ様々な国籍の方々がこの日本初のGTポッピングの為にモルディブに来て頂いていて、特に冬のハイシーズンは欧州軍団が一週間ごとの釣行で、殆ど休みなしのフルブッキングでせっかくお問い合わせ頂いても空いていないなんてことが多くなってきたと日本の代理店からは聞いていて、申し訳ない限りです。ボートを増やすなんてことも考えましたが、釣り場を荒らしたくないのと、この商売ハードではなく、やはりソフトなんです。ウチはキャプテンのモハメッド有りきで、先月も数日エンジントラブル(ヤマハの製造工程の問題❢)で、代替のボートとキャプテンを用意せざる得なかったのですが、もうその日の夜にクレームの電話がモルディブ⇒デンマーク⇒日本に電話が掛かってきて、キャプテンが変わった途端釣れなくなった、それが3日続いて本当に申し訳ない限りでした。ヤマハ、そんな問題あったら自動車の世界であれば間違いなく新聞一面でリコールになっていたので、結構平気で放置で…参りました。少し修理にまけてくれたようですが、こちらは商売のダウンタイムは特にお客様が地球の反対側から来て頂いて、ホントは訴訟したいくらいですが、そんな暇もないので、しょうがないですね。

さて、デンマークのGetAway ToursはThomasという若社長が行っている代理店ですが、とても切れ者で人間的に出来た人なので、個人的のも友人で絶対的な信頼を置く一人になっています。彼も年に数回1週間ツアーを行ってくれていて、特に北欧のアングラーを送ってきてくれますが、とても綺麗で品質の高いコンテンツ豊富なホームページの先生みたいな作りになっています。ここで、今回後半ご迷惑を掛けた釣行の釣行記がアップされたのでシェアさせて頂きます。 英語ですが、まあ英語の勉強のつもりでがんばってください❢ めんどくさいなら写真だけで❢❢

http://www.getawaytours.eu/2014/12/02/youngstar-co-hittin-the-maldives-2/

“Youngstar” & co. hittin’ the Maldives


2014-12-02: From our good friend Frederik “Youngstar” Hansen we just received this report from his recent trip with us to the Maldives:

We had booked the trip to Maldives one year before, so expectations were high! Four Danish guys with the hopes of catching plenty of GT’s, also a couple of big ones and then a lot of light tackle fun on our PE 4-5 gear. We also brought our jigging gear despite reports suggesting that Maldives is more of a popping than a jigging destination.

Together with Jacob Rønnow, Nikolaj Bielecki and my father I escaped the cold Danish weather and travelled through Dubai and on to Male on the 14th of November. Upon arrival we were greeted by Mohamed, the captain of Magic Life. After another three hours in the speedboat we reached Lhaviyani. The accommodation was simple but clean and the island was…let’s just say “very local :-) Actually, we didn’t see any other tourists before we were back at the airport!

Our trip was right in the short local monsoon-period (which we didn’t know when we booked the tickets;-)) so we had 3½ days with sunshine and 3½ days with heavy rain, so we had the chance to see Maldives at its best, and at its worst. None of us had experienced rain this before, literally sea and sky were one and the visibility turning into almost zero. Amazing.

Overall we caught 57 GTs, with two big ones amongst them – 118 cm (weighed at between 29-31 kg) on a Salter Samson Scale Weight) and another even bigger one at 125 cm. Both of them hit a Heru Skipjack.

Almost all of the GTs were in the class of 60-90 cm, so there is no need to bring in the ultra heavy gear. PE 5-6 is suitable, but never the less we got reefed a couple of times – typically on lighter PE3-4 gear, when a +100 cm fish took the lure and went straight for the reef.

To give an example, I caught 22 GTs on the trip (6½ days of fishing), with the biggest measuring 89 cm, and lost a couple of fish in the range of 100 cm, but didn’t have contact with something bigger than this. And it wasn’t because I was fishing smaller lures. 90% of the time, I was fishing Skipjack 90/120 g or Gamma 160H with PE5-6 gear.

However, we had some world class fishing, with a lot of different fish: Red Snapper, Green Jobfish, Sweet lip, Bluefin Trevally, Garfish and Groupers. We even had a big shark and a wahoo chasing our stickbaits – and lots of action, so we were extremely pleased with the trip! The jigging was pretty slow, but on the way back to Male we found some great action with three smaller dogtooth tunas (6-8 kg), some almacos/amberjacks in the same range and various species of groupers.

/Frederik HansensnapperIMG_9843IMG_9815IMG_9715IMG_9689IMG_9676IMG_9662IMG_9625IMG_9616IMG_9577IMG_9360IMG_9339IMG_9288IMG_9286IMG_9179IMG_9150IMG_9147IMG_9090

 

年始から始めたフライフィッシングツアーが成功して、最近はフライフィッシングでのお問い合わせも世界中から頂けるようになりました。 勿論、南北マレ環礁でも可能なのですが、ボーンも狙えるラヴィヤニ環礁がやはり一番の人気です。移動もスピードボートで2-3時間で行けて、我々のホームステイのアレンジもローカルライフと文化を触れながらの人気コースとなりました。

その先駆者的な役割を担ったのがデンマークのエージェントであるGetAway Toursで、ツアーリーダーを含む6人が乗合シェアでツアーを組み、3人+3人でショアのフライフィッシングとボートでのルアーフィッシング組と分かれて行うのが一つのパターンとして確立してきました。 ボーンフィッシュは天候によって深場に潜ってしまったりもしますが、良い天候になるとサイトフィッシングがクリスマス島やセイシェルの様に可能と成ります。モルディブの純白なホワイトサンドビーチでのウェイディングしながらのフィッシングは気分も最高です。

今回の第二グループは60㌔超のイソマグロのボーナスまで有りました❢❢

ということで、英語な得意な方はリンク先のGetAway Toursのレポートを読んで下さい。勿論デンマーク語の大丈夫な方はそちらでもどうぞ❢

http://www.getawaytours.eu/2014/05/28/our-fly-anglers-were-dragged-all-over-the-boat/

Our fly anglers were dragged all over the boat!


2014-05-28: Last winter we had two groups exploring the fly fishing possibilities in the Maldives,  fishing from shore as well as from the boat. Only on the second trip did we find the bonefish,  our target species,  and overall results were pretty thin with the fly rods. In short,  two test trips that shows exactly why it is called “test trips”.


The limited success with the fly rods didn’t result in a bad fishing trips. The fly anglers just had to put down their long rods and pick up the heavy spinning tackle instead and throw some big poppers. Then they got some real action! We heard plenty of stories about the poor fy fishers being dragged up and down the boat, getting bruises in strange places (fly anglers don’t know what a fighting belt is),  aching arms and smashed lines.


Catches included lots of groupers,  snappers and GTs – up to more than 40 kilos! – and not least a huge dogtooth tuna,  jumping out of the water as it went for the popper and finally fighting itself to death. As a consequence,  it ended up as on the dinner table several nights in a row.


The feedback from those trips was “had we just had the range of a lure angler when shore fishing, being able to reach the other side of the surf, it would have been a completely different story”. This – and the fact that our German employee Robert has already shore fished for GTs in the Maldives with success – inspired us to do the “Maldives-Special” program.


The pictures below are from the fly angler’s second test trip.


Maldiverne_mar2014pl_028
P10502131
FC3B09371
Maldiverne_mar2014pl_0381
Maldiverne_mar2014pl_0031


久しくブログを更新せずに大変申し訳ありません。 兎にも角にもフル操業でフェースブックの釣果写真さえも追いつかない状況で、御免なさい❢  ただ、世界各国からお客様が毎日来て頂き、良い釣果を出して頂くのは嬉しい限りです。 そんな中、タイ王国のルアービルダー兼ツアーエージェントとデビューしたBOOT君が二度目の友人とのラヴィヤニ環礁釣行をきれいな19ページにも及ぶブログを纏めてくれました。さすが芸大出身のセミプロのカメラマン、タイ語が読めなくても写真を追っていくだけであたかも自分自身がラヴィヤニ環礁にGTハントに来たかのような錯覚を思わず持ってしまうほど引き込まれるものを纏めてくれました。 皆さんも是非ともご鑑賞頂けると良いと思いまして、この場でシェアさせて頂きます。 アップして二日で56,000以上のリーダーから読まれた凄いコンテンツです❢❢

↶↶❢こちらをクリック❢↶↶↶ ↙
http://www.siamfishing.com/board/view.php?list=all&tid=666612&onlyuserid=0&begin=0

1396235572
139628431276
1540546_874588985888854_1819751272_o
1900666_874029322611487_791086155_o
1941500_871724876175265_1699820549_o

GT Fishers Maldivesもそろそろ開業1年となり、次の打ち手を色々考えています。 そんなイニシアチブの一つがフライフィッシングです。 GTルアーやトローリングマーリンなどに隠れてあまり注目されることはないのですが、ソルトフライフィッシングの好きな方が一番釣りたい魚のナンバーワンがボーンフィッシュですね。ボーンフィッシュはモルディブにもかなりのストック数があり、日本からも一部のフィッシャーマンが行かれて、ドイツやマレーシアのアングラーはかなり毎年のように定期的に行っているようだと調べてみると分かってきました。先日、ヴァーブ環礁に一緒に釣行したデンマークのエージェントであるGetAway Toursのトーマス氏も元々はフライフィッシャーマンで、ボーンフィッシュを追ってセイシェルなどに何度か行ったとの事をゲストハウスで聞きました。そんなことも有り、ちょっと本格的に取り込もうかと、2009年にドーニでモルディブのフライフィッシングを探求釣行に行かれた我々の代理店フリーライドアングラーズの柏木さんに色々教えてもらいながら、今そのメニュー作りを行なっています。

こちらが柏木さんの釣行記です。
https://www.worldfishing.co.jp/record2.php?i=60

まず、モルディブでボーンフィッシュを中心としたフライフィッシングをするならば、ストック数の一番多いのがラヴィヤニとヌーヌ環礁とのことで、それは我々の現地スタッフ全員がラヴィヤニ出身でもあり、確認は取れました。また、さらに調べてみると、既にマレーシア、ドイツから定期的にツアーを組んでやっているとの情報も入って来ました。そちらの情報を見るとかなりしっかり釣れているようです。また、ラヴィヤニは前回のGT釣行の際、Kuredu Resortと言うところにリゾート視察も兼ねて泊まりましたら、島の周りにボーンフィッシュが何百匹も居るじゃないですか!! これは期待出来るな!と思ったものです。 勿論、リゾートはご存知のように釣り禁止なんですが、ボートから岸近くに投げたり、Kuredu近辺にはかなりの数の無人島がありそちらも期待できるかと。その内の一つの農業を営んでいる島に降りた際もしっかり居ました。 勿論、ボーンフィッシュだけでなく、トリガーフィッシュ、カスミアジ、そしてGTも十分なターゲットです。 私個人的にはカスミアジなんかが好きですね。

ただ、問題は我々進出以前のGTフィッシングと一緒で、5ノットも出るか出ないかの鈍いドーニでの移動です。ボーンフィッシュはグループで結構ポイントを移動して、今日ここに居ても明日はぜんぜん違う場所に居るなんて感じです。なので、兎に角まずはヤマを張って行ってみて、居なければ次の可能性のポイントに移動する、島の反対側、若しくは隣の島なんて感じに。それをドーニでやろうとすると行こうとしているような無人島や農業島などではアプローチ出来ず、小舟に乗り換えてよっこらせと移動するので、カバー出来る範囲がとても少なくなり、ヤマ張りの博打的な感じになってしまいます。 その点、スピードボートならその気になれば砂浜まで上陸できてしまい、島の間の移動もすぐです。そうすれば、居るところを探し出せば釣れる可能性は高いと言う話に当然なります。で、今はその最初の探検釣行に誰がいつ最初に行くかという話に成っていて、デンマークのGetAway Tourも企画していますし、日本のエージェントのトラウト&キングさんも今引率で親しい仲間と調整を図ってます。 他の国からも問合せがあるので時間が合えば合流なんて事も出来るかもしれません。 もしご興味が有る方が居れば、話をつなげることは出来ますので、お問い合わせ下さい。

さて、もう一つの課題は先月のブログでも書きましたが、ラヴィヤニ環礁はゲストハウスがなく、リゾートしか無いのです。 ドーニで泊まり歩くなら問題ありませんが、マーレからの移動にも時間が丸一日掛かったり、リゾート結局変わらない値段に人数次第では成ってしまうので、我々の安いモルディブ釣行というテーマから外れてしまいます。 そんな中で前回のイタリアアングラーの釣行ではホームステイを企画してこれは好評でした。しかし、ホストファミリーもあまりの多くのアングラーがしょっちゅう来るのも正直迷訳な話だと思い、では自分達でゲストハウスを作ってしまおうということになりました。クレンデュー島に我々のローカルの事業責任者が居るんですが、去年の12月にクレンデュー島からマーレに子供の教育のために引っ越したため、一軒家が空いている状態で、ここにエアコンを付けて掃除もすれば立派なゲストハウス、(民宿?)です。それであれば、多分部屋毎一泊5,000円+税なんてのも可能に、二人割なら2,500円++です。

後、移動もラヴィヤニ環礁のリゾートは水上飛行機設定なんですが、そんなに荒れていない日なら2-2.5時間程度で移動出来ます。以前から言っているように、水上飛行機は見下ろす景色は信じられないほど綺麗な反面、時間が前日の夕方まで分からないし、思い通りの時間にならないことも多く、釣りを早く切り上げて、空港に移動してから国際便まで何時間も時間潰しになることもしばしばです。出発時間も当てにならず、前回使った時など午前5時にチェックインしたものの、飛行機が飛び立ったのは10時過ぎ、呆れてクレーマーにさえ成る元気も出ませんでした。そんなサービスで15-20分位乗って往復3-400㌦取るんで良い商売だなとはつくづく思ってしまいます。ちなみに、モルディブの労働許可証を持っていると現地人価格で半値位になります!

さあ、誰が最初の探求釣行に行くのかな?!

(最後の写真だけモルディブではありません、トーマス氏のセイシェルのものですが、GTをフライで釣った時のエキサイトメントは相当なものだったらしく、このフライの話を始めた時、頼んでもないのに送ってきてくれたんで、おまけでつけときます。

DSC_0217DSC_0252DSC_0334DSC_0346DSC_0295KashiTrigger02IMG_0121IMG_0084_SEY0454

このページのトップヘ